エコに強い機器|立体物印刷において必要不可欠な3dプリンター|価格と性能を比較
女の人

立体物印刷において必要不可欠な3dプリンター|価格と性能を比較

エコに強い機器

インク

パソコンや事務作業などを行なう企業において必要不可欠となってくる設備がプリンターなどの印刷機器です。法人向けプリンターとなると、家庭用のインクジェットプリンターとは異なり数十万円、高いモデルであれば数百万円規模の価格となる場合もあります。その為、多くの企業担当者はできるだけ安く印刷環境を整えたいと考えることでしょう。企業内部のコスト削減に努めるのは良いことですが、安すぎるプリンターも注意が必要です。近年は国内だけでなく、国外のメーカーがプリンター市場にも多く参入するようになりましたが、長期的な視点で使い続けていきたいと考えるのであれば保証対応のスピードも早い国内のメーカーを選定していくと良いでしょう。
国内で法人向けのプリンターを製造、販売しているメーカーは複数存在しますがその中でも高い人気を集めているのが東芝なのです。東芝のプリンター製造の歴史は古く、本体だけでなくトナーも同時に提供しています。プリンター本体とトナーで同じメーカーを使うと親和性も良いので不具合など引き起こす可能性も非常に低くなるのです。また、東芝はリサイクルトナーや消せるトナーの複合機といったエコに強いプリンター開発にも力を入れています。紙代やインク代というのは意外と高くなっており、積み重なっていくと複合機本体を超えるコストにもなってくるのです。初期投資費用が高くつく可能性もありますが、長い目で見れば東芝の複合機とトナーはコストパフォマンスにすぐれた優秀なOA機器なのです。